WordPressなら簡単にファビコンが設定できる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

favicon(ファビコン)は、ウェブサイトのシンボルマーク・イメージとして、ウェブサイト運営者がウェブサイトやウェブページに配置するアイコンの俗称である。favorite icon(フェイバリット・アイコン:お気に入りアイコン)という英語の語句を縮約したものである。

引用元: Wikipedia

ブラウザのタブに表示されるマークとか、iPhoneでショートカットを作ったときのアイコンなどですね。

WordPressなら簡単に設定できるので、まだの人はやっておくべきだと思います。

なお、WordPressでは「サイトアイコン」という名称になっています。

まずはアイコンの用意

なんでもいいと思いますが、サイトの顔になる部分といってもいいと思いますので、シンプルでわかりやすいデザインがいいと思います。

私は残念ながら絵心というものを持ち合わせていないので、サイト名のシンプルなロゴマークを作成しました。

ファビコン用画像を簡単に作成する方法
今回WordPressでファビコンを設定するにあたって、アプリやソフトを使わず、インターネット上で簡単に作成できたので記事にします。 ファ...

画像サイズは縦512ピクセル、横512ピクセル、以上が推奨です。

画像形式(拡張子)は.png形式がお勧めですが、.jpg形式でも一応OKです。

(.jpg形式だと、一部の環境では、うまく表示されないこともあるみたいです。)

設定方法

左サイドメニューの「外観」をクリックし、「カスタマイズ」をクリック

「サイト基本情報」をクリック

「サイトアイコン」欄の「画像を選択」をクリック

「画像を選択」画面が開くので、用意した画像をアップロードします。

アップロードの方法は画像をドラッグ&ドロップすることで出来ます。

アップロードした画像を選択し、右下の「選択」をクリック

「画像切り抜き」画面になるので、ちょうどいいサイズになるように範囲選択します。

右側のプレビューを確認して、OKならば右下の「画像切り抜き」をクリック

「サイトアイコン」欄でちゃんと選択されているのを最終確認し、上の方の「保存して公開」をクリック

これでWordPressで作成したサイトにファビコン(サイトアイコン)が設定されました。

実際に確認してみる

いくつかのブラウザで確認してみました。

  1. Mozilla Firefox
  2. Google Chrome
  3. Internet Explorer 11 (IE11)
  4. Microsoft Edge

今回検証した4つのブラウザでは、全てのブラウザで正常に表示されていました。

またパソコン上にショートカットを作成した時にも、アイコンが反映されます。

どのブラウザからショートカットを作成するかでアイコンは少し変わります。

全てのアイコンを思い通りに表示させようと思うと、なかなか難しそうです。

まとめ

画像さえ用意してしまえば、設定はすぐに出来ます。

時間も5分くらいで完了するのではないでしょうか。

簡単で、しかも目立つところなので、絶対に設定するべきだと思います。

ちなみに今回の設定をするにあたってのバージョンですが、WordPressは4.8.1、WordPressテーマはSimplicity2の2.4.0iを使用しています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)