BackWPupでWordPressブログのバックアップを取ろう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

WordPressを導入し、ブログを始めて1か月。

初めは「毎日更新するぞー」とか思ったりしてみても、独り身の時ならいざ知らず、なかなか更新は出来てません。

でもでも、これだけはやっておかないとというのが、ブログのバックアップ

ブログが真っ白になってからでは手遅れです。

間違いなくブログを書くことを止めてしまうでしょう。(僕だけ?)

ちょっと面倒くさいですが、時間を作ってやりましょう。

なぜBackWPupを使うのか

今回バックアップを取るのに、「BackWPup」というWordPressのプラグインを使用しました。

WordPressのバックアップについて調べてみると、FTPソフトを使って個別にダウンロードしてバックアップする方法等も見つかりました。

そのほうが安心確実だとは思うのですが、今回は毎回バックアップを手動で取る手間を省くため、プラグインを導入します。

サボってバックアップを取らなかったら意味ないしねー

BackWPupの導入方法はBackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法を参考に設定させていただきました。

ちなみに参考にさせていただいたサイトでは英語だったのですが、プラグインを導入してみたところ、日本語化されていました。ありがたい。

設定項目の場所は変わってないみたいです。

設定にかかる時間は?

今回設定するのにかかった時間は、1時間10分ほどでした。

このブログを書きながら、違う動画を見ながら、お菓子を食べながら、、とやっておりましたので、参考にはなりませんが・・・

バックアップの設定だけなら、30分くらいで終わるのではないでしょうか。

注意点

この方法では、WordPressのバックアップファイルは、レンタルしているサーバー上に保存されます。

サーバー上にデータが保存されているということは、サーバーごとデータが吹っ飛んだら終わりです。

無いとは言い切れませんので、たまにはサーバーからバックアップファイルをダウンロードして、パソコン上かUSBにでも保存しておきましょう。

まとめ

めんどうだなーやりたくないなーって思っていたのですが、思ったほど時間はかかりませんでした。

早めにやっておくことを推奨します。

ブログは資産!ですからね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)