ads.txt とは何ぞや

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
ads.txt

あけましておめでとうございます。

ほとんど更新も出来ていないのですが、本年もブログ「日々の記録的なもの」をよろしくお願いいたします。

ブログタイトルにもある「ads.txt」ですが、Google AdSense レポート画面のトップに急に表示されるようになって、ビビっておりました。

ただ調べる時間もなく気になりつつも放置してましたが、年末年始休みで少し時間が取れましたので、少し調べてみることにしました。

ads.txt(アズテキスト)とは

しっかりとした定義は難しいので省きますが、広告主にとっては「ads.txtの内容を調べることによって、なりすましサイトを見破るもの。」であり、ブログ主にとっては「なりすましサイトを作成する悪意のある人よりブログの評価・評判・広告収入等を守るためのもの。」というイメージで良いと思います。

どうすればいい?

結論から言ってしまえば、現状放置でも良さそうです。

というか、間違った設定情報をアップロードするくらいなら、しない方がマシという情報もありました。

このブログではWordPressを利用していますが、ファイルのアップロードはやり方がいまいち分からないんですよね…

現状Google AdSenseでしか表示されていませんが、これって他のアフィリエイト会社のにも対応が必要?とか、

その場合はアップロードしたads.txtファイルに追記すればいいのだろうけど、その時の書き方は?とか、

知識不足過ぎて、まだ対応できておりません。

といっても追記するだけなのはわかっているのですが、その中身を知らずに追記するのが何となく気持ち悪いので。。。

結論:現状は放置するが…

現状は放置するが、どこかの広告主より「必ず必要!」となった場合には対応するようにします。

それまでにしっかりと調べて、納得して設置するのが望ましいのはわかってはいるんですが、そこまではたどり着けなさそうかなぁ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)